様々な種類|毎日の腰痛に悩んでいる人は改善方法を知ることからはじめましょう

毎日の腰痛に悩んでいる人は改善方法を知ることからはじめましょう

男女

様々な種類

カウンセリング

出来ることと出来ないこと

患者のQOL(クオリティーオブライフ)を最大に考えていくようになり、家族との生活に重きを置くことが大切になってきました。 昔は在宅医療ではレントゲンも取れないし資料を持ち歩く事も出来なかった為に医師が治療に専念できるような状態ではありませんでした。 看護師と医師と薬剤師の連携もほとんど昔は取れておらずどうしても後手後手になっていた在宅医療が今ではチーム医療と呼ばれるほどそれに携わる人の意識の高さが上がってきています。 今後の在宅医療はチーム員がどれぐらい増えていくかでも変わってきます。

あくなき追求が身をむすぶ

在宅医療の根底には治療とケアが患者主体であることが大切で患者自身が家族との生活を大切に出来る事が一番大切です。 医師が14日毎に訪れるのとは別に何かあるときにはすぐに駆けつけ、看取りまでも対応出来る事が大切なのです。 医師だけではなく毎日のケアを行う、看護師とヘルパーや介護士などが更に連携を深くし情報の共有が必要になってきています。 そして更に薬による治療も専門家の薬剤師がしっかりと連携し毎日の動向を情報共有しないといけません。 在宅医療にとって情報共有は全ての始まりであり、一番大切な物ですのでそこの進化が今は凄い事になっています。 スマホやipadによる患者情報の共有化や処方箋を現場出かける為のレセコンなど今までは出来なかった物が全て揃ってきています。そのため、足腰が弱い高齢者など気軽に医療機関へ足を運ぶことが出来なかった人も今では自宅で診察を受けることが可能です。基本的には病気になってから在宅医療を利用することが多いのですが、少しでも異変があればすぐに利用すると良いです。