睡眠時に起こる病気|毎日の腰痛に悩んでいる人は改善方法を知ることからはじめましょう

毎日の腰痛に悩んでいる人は改善方法を知ることからはじめましょう

男女

睡眠時に起こる病気

ドクター

眠っている時に無呼吸の状態が続くことを睡眠時無呼吸症候群と良い、何度も繰り返し起きる病気となっています。睡眠時無呼吸症候群になってしまうと中々疲れが取れなかったり、寝苦しい日々が続いたりしてしまいます。人間は眠ることで体を休ませ、1日の疲れを取ることが出来ます。しかし睡眠時無呼吸症候群になってしまうとそれが出来なくなってしまうので、結果的に体に負担を与えていることになるのです。睡眠時無呼吸症候群になる大きな原因には生活習慣があります。栄養の偏った食事や過剰なタバコに飲酒、メタボリックシンドロームだと、睡眠時無呼吸症候群になるリスクが非常に高くなるのです。万が一睡眠時無呼吸症候群になった時は、専門の医療機関で検査をして治療をはじめましょう。治療にはCPAPやマウスピース、外科的手術が代表的な治療となっています。

睡眠時無呼吸症候群は専門の医療機関で治療を受けることができ、軽い症状でもしっかり治療をはじめることが出来ます。軽い症状の際はマウスピース治療が適用され、寝ている時に装着する方法となっています。寝ている時に装着するだけなので、誰でも簡単に出来る治療となっています。しかし症状が重たくなるにつれ効果を得ることが難しくなるので、その場合は他の治療になるでしょう。睡眠時無呼吸症候群の治療は他にもCPAP療法と呼ばれる、国内だけでなく海外でも行なわれている治療があります。専用のCPAP装置を使った治療で、寝る際に鼻にマスクを装着しながら治療していきます。マウスピースのように装着するだけなので、初めてでも治療がやりやすくなっています。治療については、担当医と相談しながら決めると安心して取り掛かれるでしょう。