毎日の腰痛に悩んでいる人は改善方法を知ることからはじめましょう

ドクター

突然起きる病気

医療器具

メニエール病や睡眠時無呼吸症候群などの病気は、そのまま症状を放置してしまうと危険です。悪化し体に大きな影響を与える恐れがあるので、専門の医療機関で適切な治療を受けましょう。

詳細を読む

様々な種類

カウンセリング

大きな病院で入院してそこで治療もケアも薬も全てをまかなっていたのが今までの治療計画でした。 今では大きい病院の入院患者を家に戻す事による在宅医療の推進が始まっています。

詳細を読む

オススメサイト

睡眠時に起こる病気

ドクター

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に起こる病気で、無呼吸状態が何度も繰り返される恐ろしい症状です。治療では専用のマスクやマウスピースを装着し、眠りながら治療することが出来ます。

詳細を読む

手術施行について

ナース

頸椎椎間板ヘルニアの手術

頸椎椎間板ヘルニアとは、頸椎の椎体と椎体の間に存在する椎間板と呼ばれる組織が、神経側に突出した病状です。頸椎を通る神経が圧迫されると肩から上肢、手先にかけて強いしびれや疼痛を伴います。突出した場所によっては上下肢の麻痺や呼吸困難となる様な重篤なケースもあります。 症状悪化したケースでは、手術療法が選択されますが、その手技も様々です。また、手術によって脊髄を刺激する事もあるので、慎重な判断や施術が行われます。現在では、内視鏡を用いた手術も行われるようになりましたが、より専門、より高度な医療技術を要する手術となります。整形外科医師免許のみならず、脊椎専門医の免許を取得した医師によって施術するものとなります。よって脊椎専門医の専従した医療機関によって施術される事が多い傾向にあります。

手術を行う医療機関

脊椎専門医になる為には、それなりの知識や経験が必要です。全国的に整形外科医は数多く存在しますが、脊椎専門医はそれに比べほんのわずかな存在でしかありません。また、専従している医療機関の数もそう多いものではありません。よって、大規模な医療機関及び脊椎を専門としている医療機関によって頸椎椎間板ヘルニアの手術を行っている傾向にあります。 頸椎椎間板ヘルニアの手術を要する患者は、そのような医療機関へ紹介される事も多く、時には県外へと足を運ぶこともあります。頸椎椎間板ヘルニア患者が特定の医療機関へ集まる理由はこれらの事から言えるのです。頸椎椎間板ヘルニアの手術療法を専門に扱う医療機関では、特殊な医療機器や機材が導入されており、医療機関によっても手技を含め種類が異なるものとなっているのが現状です。頸椎椎間板ヘルニアになる人の多くは、腰痛などの症状を抱えている人も少なくありません。上半身に負担をかけてしまうと、それをカバーしようとして腰などの骨にも負担がかかる可能性があるのです。ですから、頸椎椎間板ヘルニアを治療することで、腰痛が消えることも考えられます。もちろん、他にも腰痛の原因は様々ですから、病院で改善方法を調べることが大切です。早期に適切な改善方法を行なえば、腰痛が酷くなる前に治せます。